ホーム  >  製品情報インデックス  >  FRIP(フリップ)定着工法

異形棒綱の機械式定着「FRIP(フリップ)定着工法」

建築構造物向けのグラウト注入が不要な
機械式定着工法。

当社工場などで異形棒鋼端部に定着板を
摩擦接合するタイプ。

専用の摩擦圧接機による取り付けのため、
安定した品質の確保が可能。

主な特長

  • 柱梁接合部の混雑を緩和し、施工性の大幅改善、工期短縮をサポート
  • 竹節・ねじ節の鉄筋形状を問わない定着工法
  • (一社)建築構造技術支援機構(SABTEC機構)の技術評価取得
  • FRIP定着工法とオニプレート定着工法を一括で技術評価取得のため、
    同一現場内での併用が可能(SD490を超える高強度鉄筋除く)

詳細情報(PDF)

配筋要領図

FRIP定着工法(SABTEC 評定 12-03R1)

要領図データ

PDF(1096KB) DWG(ZIP 320KB) DXF(ZIP 251KB) JWW(ZIP 99KB)

PDF以外のファイルはzipで圧縮しております。解凍してご利用ください。

FRIP定着工法をご使用の際は、仕口内フープ及び定着長さ等の検討が必要となります。
検討をご依頼される場合には、技術サービス部までお問い合わせください。
お問い合わせ先
TEL:03-5829-4631
E-mail:kakohin@onicon.co.jp
このページの先頭へ