ホーム  >  会社情報  >  沿革

沿革

1937 昭和12年12月 伊藤三好が東京・東小松川にて創業
1942 昭和17年 8月 小型高炉建設
1944 昭和19年 3月 株式会社伊藤製鐵所を設立
1948 昭和23年12月 5トン電気炉を新設、普通鋼塊の製造開始
1955 昭和30年 5月 市川市八幡に圧延工場を買収、取得
1962 昭和37年 7月 高張力異形棒鋼を製造開始"ONICON"と命名
1963 昭和38年 9月 JIS表示許可指定工場に認可(普通棒鋼、異形棒鋼)
1969 昭和44年 9月 石巻工場新設、同年10月電気炉稼働
1970 昭和45年 5月 石巻工場、圧延設備稼働
1971 昭和46年12月 石巻工場、JIS表示許可指定工場に認可(異形棒鋼)
1976 昭和51年11月 小松川工場操業中止、翌年2月市川工場操業中止
1977 昭和52年 3月 筑波工場、第一期工事完成稼動
1977 昭和52年 4月 本社を江戸川区平井に移転
1981 昭和56年11月 筑波工場、工業標準化実施優良工場として通商産業局長賞受賞
1983 昭和58年10月 電炉業界初のD51の生産、販売開始(筑波工場)
1985 昭和60年11月 石巻工場、工業標準化実施優良工場として仙台通商産業局長賞受賞
1986 昭和61年10月 筑波工場、工業標準化実施優良工場として通商産業大臣賞受賞
1992 平成 4年 7月 石巻工場、圧延工場リプレース完成。
1993 平成 5年 9月 郡山工場、新設稼動
1994 平成 6年 3月 筑波工場70t電気炉更新、同年6月、LF炉新設
1997 平成 9年 6月 石巻工場製鋼工場リプレース完成
1998 平成10年 7月 品質マネジメントシステム ISO9002の認証取得(筑波工場、石巻工場)
2000 平成12年 4月 "ネジonicon" を用いた継手工法について評定取得 ((一財)日本建築センター)
2001 平成13年 4月 仙台営業部開設
2001 平成13年 5月 "ネジonicon"製造・販売開始
2002 平成14年7月 "オニプレート定着工法"の建築技術性能証明取得((一財)日本建築総合試験所)
2003 平成15年 8月 OSD685の認定取得(国土交通大臣)
2004 平成16年 7月 "FRIP定着工法"の建築技術性能証明取得((一財)日本建築総合試験所)
2005 平成17年 3月 本社を墨田区錦糸に移転
2005 平成17年 4月 東京鉄鋼(株)との共同販売会社「東北デーバースチール(株)」を設立、営業開始
2006 平成18年 4月 FRIP定着鉄筋の製造販売開始
2006 平成18年12月 新JISマーク表示制度による認証取得
2009 平成21年 4月 "フリップバー"の建設技術審査証明取得((一財)土木研究センター)
2010 平成22年 7月 環境マネジメントシステム ISO14001の認証取得
((株)伊藤製鐵所、(株)伊藤鋼機、東北珪カル(株))
2011 平成23年 9月 OSD590Bの認定取得(国土交通大臣)
2011 平成23年11月 OSD590Aの認定取得(国土交通大臣)
2012 平成24年 7月 "オニプレート定着工法""FRIP定着工法"の建築構造技術評価取得((一社)建築構造技術支援機構)
2012 平成24年10月 "ネジonicon打継ぎ継手"の評定取得((一財)日本建築センター)
2013 平成25年 4月 "ネジonicon鉄筋継手"の鉄筋継手性能評価業務報告書取得((一財)土木研究センター)
2014 平成26年 5月 本社を千代田区岩本町に移転
2014 平成26年12月 "ネジoniconLタイプ継手"の評定取得((一財)日本建築センター)
2015 平成27年 9月 "ネジoniconEタイプ継手"の評定取得((一財)日本建築センター)
このページの先頭へ